読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最近遊んだゲーム

f:id:alpicola:20161226125707j:plain

The Elder Scrolls V: Skyrim

前の記事で書いたとおり、ゲームが十全に遊べるパソコンを導入してから、しばらく遊んでいた。TESシリーズを遊んだのは初めてで、Falloutのような同じオープンワールドと比べると、地形に地域ごとの特色があるというか、何よりマップ中央に高い山があって山登り気分を楽しめるゲームだった(これはTESシリーズというよりSkyrim地方の特色かもしれないけど)。景色を楽しみながら歩いていると、物陰から現れた野生動物に襲われて殺されたりする山登りだけど。それと、登場する人々がやたらと政治的にいがみあっているのがこのゲームの楽しさ。特にTESにおいては架空の種族が登場するファンタジー世界であるのを利用して、民族主義に根ざした対立、差別などが描かれていている(あくまで現実のアメリカをモチーフとしているFalloutだと、これは広い市場獲得を目指すタイトルとしてやりづらい )。で、そうした対立の歴史を含むTES世界を記述したゲーム内書籍も膨大に存在しており、この世界のloreを形作っていて、それらを読み込むのも楽しい。メインクエストを実はまだ終わらせてないんだけど、にもかかわらずプレイ時間が200時間を超えている……

ちなみに10月にリマスター版が配信されたものの、こちらは未プレイ。いつか気が向いたときにやるだろうか。旧作だと中世ヨーロッパ風ファンタジーの文脈を直接参照しないという意味でBethesdaのオリジナリティがある世界が描かれているTES III: Morrowindに興味がわいているので、むしろそちらのリマスターが出てほしい。

The Elder Scrolls: Legends

TESのloreに入れ込んだのをきっかけに、比較的最近オープンベータになったTESを題材としたdigital CCGである本作を9月くらいに始めた。結論から言うとこのカードゲームは地名や人物への参照はあるものの、TESのloreを生かしたそれには現状あまりなっていないし、card artがloreとの整合性がとれているか疑わしいこともあったりする(修正されることもある)。しかしながらカードゲームとしてはバランスのとれたゲームデザインになっている、みたい。この手のCCG自体ほぼ初めてだったので、最初は種族などでコンセプト付けしたデッキを作ろうとしたりしていたが、段々digital CCGの厳しい世界(強いデッキ構築に関する情報が出回っており、みなそれをベースにしている)を知り、プレイ実況などを見ながらそっちの文化を学んでいった気がする。

Life Is Strange

オレゴン州を舞台としたジュブナイルで時間操作ものなアドベンチャーゲーム。セーブ、ロードというメタな操作がなく、代わりに主人公に与えられる時間巻き戻しの力が使える。エピソード1だけやってそれなりによかったのだけど、システム面で心情的な引っかかりを感じて残りを積んでいるところ。

Gang Beasts

相手を場外にはじき飛ばせば勝ちというスマッシュブラザーズみたいなルールの乱闘ゲーム。4人で集まってプレイしている動画がとても楽しそうだったのでやってみた。が、思ったほど入力に対してうまくアクションが決まらない。操作のままならなさを楽しむのかな……。AIは実装されていないため、オンライン対戦機能を使って遊ぶんだけど、生き残った2人が試合を放棄してラウンドが終わらなくなったりする。友達と空間を共有して一緒に遊ぶのが楽しいだろうな、きっと。

Fallout 4

Skyrimの世界の魅力が山歩きとするならFalloutにおける楽しみは廃墟探索だろうか。昔遊んだFallout 3やNVと比べると最近のFPSやTPSっぽいプレイフィールがより取り入れられていて、戦闘の楽しさもいくらか増した気がする。こう書くとFPSやTPSの経験者のようだけど、実際はその系統のゲームはプレイ動画を見たことがあるくらいで、むしろFallout 4をはずみにしてもう少し本格的なFPSにも手を出してみたいと思っているところ(もっともPvPをやるつもりまではないけど)。コントローラーで遊んでるし、オートエイム代わりにVATS使ったりしてるが……

SFとして見ると……。人造人間を製造し、Mankind Redefinedなんて掲げてるthe Instituteの人々が、人造人間は人間に見えるけどもあくまで機械なんだって言って道具扱いするあたりにちぐはぐさを感じる。まあ所々で参照されているのであろう『ブレードランナー』を観てみてもいいのかもと思った。


振り返ると自制がきかないくらいゲームに何度かはまりこんでいるので、来年は少しひかえたい。TESもFalloutも次のタイトルが出るのは当分先だろうから大丈夫かな。